COFFEE, CIGARETTES & A

日々のアラシ語りをメインに。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  
<< 1週間経過。  寒いね〜。@enjoy >>

5×10=TBA.@名古屋オーラス雑感

JUGEMテーマ:


記憶が忘却ボックスに放り込まれる直前のいくつかの覚え書き。
というわけで1月17日、オーラスに行ってまいりました。

ツアーのファイナルの地が名古屋だったってのがね、
なんだかとても新鮮かつ楽しかったです。

だって東京だとほら、
この人達っていつも必要以上にオフィシャル感を漂わせがちじゃないですかw
え、明日解散するんですか??って思うくらいシリアスな挨拶してみたり、
MCのアホネタをさりげなく自重してみたり。
ホームだからなのかお偉いさんが見てるからなのか知らないけど、
「東京の嵐」はパブリックイメージを自ら厳守しがちな嵐であるっていう、
そういう印象が近年とても強くなっていたわけなんですね。

でも、今回のオーラスは名古屋でした。
名古屋の嵐くんはとてもフリーダムでした^^
オーラスの重みより2010年スタートの足取りの軽やかさが勝ったような、
うきうきと楽しげな嵐くんでした^^

「これにてお開き!」っていう潤くんの〆の言葉も、
最後の三本締めで聞けた潤くんの「よーっ!」って生声も、
なんかよかったよね。うん、カジュアルでさ。

まあそんないつになくカジュアルなオーラスにあって、
一番うるうるしてたのもまた潤たすであった、
ってのも末っ子の面目躍如でよかったよね^^

「10年間ありがとう」も「11年目もよろしく」も、
何度言っても言い足りない言葉だし(by翔さん)、
何度聞いても嬉しい言葉であることには違いないけれども、
11年目が既に始まった2010年の嵐in名古屋は、
そんな言葉の先に歩を進めている感じがしました。


ええとそんなこんなで楽しかった記憶しかない名古屋です。
しかもその記憶も薄れつつあってピンポイントでしか覚えていない名古屋です。
でもってココで言うピンポイントとはつまり、


泣き虫しか覚えていないということです。


そのくらい17日の泣き虫はバーニングだったんだぜ!
潤くんと雅紀の波長がたまたまどんぴしゃに合った日、としか言いようがない。
3時間半のコンサート中2時間半はぴょんぴょん跳ねていた150%の雅紀と、
オーラスだよーおれさみしいよーっつってうるうるしている潤くんの波長の奇跡的合致。

とにかくこの日は開始そうそう雅紀の様子がおかしかった。
最初の外周大トロの時点で早くも壊れたおもちゃのようにぴょんぴょんしてて、
その後も隙あらばぴょんぴょんぴょんぴょん跳ねまくっていて、
このままだとあの人最後までスタミナ持たないんじゃねーのか?
と思って見てたら案の定後半戦の<HAPPINESS>でスタミナ切れ、
メインステージで生まれたての子馬のように崩れ落ちていたwww
雅紀曰く「中肉中背の平均的27歳の限界を超えてしまいました!」www

MCでも「今日の相葉くんはほんと楽しそう」と翔さんが言いだし。
翔さんが<BEAUTIFUL DAYS>を歌ってる最中に、
隣りの雅紀に「たのしいねーねー」と話しかけられ「マジ迷惑」だったとか、
今日の雅紀はフリミスが少なくてすれ違い様にドヤ顔されたとかいう話に。
その流れで潤たすが曰く、
「おれもさー、<Crazy Moon>でこの人の後ろにいるじゃん?
いつもフリ間違えるところで今日は間違えなかったと思ったら、
こいつくるっとおれに振り返って、ぴっ!(顔の横で指を2本揃える)ってやったの」
その顔が酷かったんだとニコニコしながら再現する潤たすと、
ニコニコしながらその話を聞いている雅紀がキューティクルすぎて、
なんかもう久々に泣き虫スキーの血が滾ったよね…!

しかもその後に例の廊下で寝てしまったえんじぇるの件ですよ。
Jwebのレポでは微妙な情報歪曲がなされていて吹いたけど、
正確には自宅の間取りと間違えてトイレから廊下に出てインロックしちゃった雅紀。
「誰か見つけてくれるだろう」とそのまま廊下で寝てみる雅紀。
スタッフの急報で現場に駆けつけ、熟睡中の雅紀を救出する潤たす。
寝ぼけていた雅紀は「だいじょうぶ…だいじょうぶ」と呟きながら、
潤たすの部屋に一時避難したらしいが「ぜんぜん大丈夫じゃねーよ」と潤たす。
「まつじゅんに助けられた!神様仏様松本様だよね!」と今更感謝を述べる雅紀。
そんな話を雅紀と潤たすがしている最中、
異様な食い付きを見せるにのみあがにのあいの真骨頂でもあった^^
雅紀のことは全て知りたいんだよねわかるおにのみあ^^

そしてアンコールの<マイガール>。
「廊下で寝ちゃうこの人が主演したドラマの歌です」と潤たす^^
そして花道をこしょこしょ内緒話しながら歌い歩く泣き虫なのだが、
途中でいきなり雅紀が潤たすをヘッドロック、
耳元で何かを囁いた後、ていっと潤たすを突き放す雅紀。
ていっとされた潤たすはそのまま花道に崩れ落ち大爆笑…みたいな。
いったいなんなん…なにをゆったの雅紀…(しろめ)。


まあそんなこんなで泣き虫なオーラスでした^^
うそです^^そんなことも一部あったオーラスでした^^

補足するならば…潤くんがもっちりむちむちであった件ですかね。
や、女の子みたいな肉のつき方しててかわいいんだけどね。うむ。
おしりなんてラテン系の女子みたいだったお…^^
2010年はそれをそぎ落とすお仕事を期待していいですかね…?
身体も気持ちもね。うむ。

あとあと末ズ的にはにのみあを「あなた」呼びする潤たすとか。
にのみあのキューピーみたいな腹を観て大爆笑、
「なんか涙出てきた」と呟きながらタオルで目元ごしごしする潤たすとか。
<ココロチラリ>で延々いちゃこらしている末ズとか。


はあ。ほんと隅から隅までラブリーだったなー(遠い目)。


「11年目も突っ走って…ちがう、11年目も一歩一歩進んでいきます」と。
律儀に言い直した潤くんも忘れがたいです。

一歩一歩ね。了解です。
comments(2)  trackbacks(0)  

スポンサーサイト

-  -  

COMMENTS

Posted by shoko at 2010/01/28 5:08 PM
はじめまして。ふみさん。以前より興味深く読ませて頂いています潤ファンのshokoといいます。
えっと、潤君の体型についてちょくちょく言及されておりますがあれって鍛えてるんでしょうね。相葉君も松潤が体を鍛えてるからダンベルをプレゼントしたいと言っていましたし。
スマイル前もせっかく筋肉つけたのに役の為に落とさざるを得なかったとご本人も言っていましたし、体を大きくしたいんでしょうね。
まぁ体型の好みは人それぞれですが私は今ぐらいが安心してみていられます。花男Fの頃の痩せっぷりには削ぎ落とすなんて言葉も使えないくらい痩せてしまって怖かったですもの。
この後、ドラマや映画、はたまた舞台がやって来るのか分かりませんが私としては潤君に贅肉が付いているとはおもっていない派なので、何のお仕事が来てもそこまで痩せずに取り組んで欲しいなと思ってます。
それについ最近コクーンで潤君と遭遇したのですが近くで見ると細い事細い事、あまり体型やら贅肉やら云々で潤君を責めないで欲しいなぁと思い、ロムばかりの私ですがコメントさせて頂きました。
お気を悪くされましたら申し訳ありません。それでは失礼します。
Posted by ふみ at 2010/02/03 4:04 PM
shokoさま
はじめまして!コメントありがとうございます。

潤くんがふっくらか否か、こだわり気味に書いてしまってすみません(汗)。
もちろん潤くんを責めているわけではなくて、個人の好みの範疇のたわごとと思っていただけると幸いです。
ふっくらだろうとほっそりだろうといずれもそれは主観でしかなくて、
大事なのは潤くんが心身共に健康であってくれることですよね^^





 

TRACKBACK

TB URL >> http://carashiaddict.jugem.jp/trackback/638
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>