COFFEE, CIGARETTES & A

日々のアラシ語りをメインに。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  

むこう10年こんな感じで。

JUGEMテーマ:


昨夜のナイスおっぱい祭りのせいでうっかり嵐熱がヒートアップしてしまい、
結局今朝6時まで国立DVDを観続けていた者です。

おっぱいで、なおかつ国立7万人であるという。

そんなギャップを感じさせてくれている間は、
この人達に付いていこうと聖火台に誓った者です。


やーステゴー花道。ほんと泣けるわ。>しつこい
特にリハのステゴー花道がガチで泣ける。
リハだぜ?客いないんだぜ?暑いんだぜ?
なのに花道上で満面の笑顔。めちゃくちゃ楽しそう。
結局はこういう、嵐が嵐を一番楽しんでいる絵ってのが一番ぐっとくるんだよね。
それがおっぱいだろうが、国立だろうがね。





comments(2)  trackbacks(0)  

I heart TOKYO.@AAA2008 DVD雑感

JUGEMテーマ:


AAA in DOME、TIME in DOMEに続き、
自分が入った公演がDVD化されたのはこれで3度目です。


以前の2枚は自分自身の実体験のディフュージョン版というか、
実際に目にして刻み付けた脳内記憶と比較すると劣るというか、
パッケージになるとリアルタイムの興奮は削り取られるもんだと感じていた。
やっぱり生が一番だよね!みたいなね。

でも今回は感じ方が全然違ったんですよね。
2008年9月6日当日の興奮よりも、今ここで目にしている映像のが数倍凄いと感じる。
まるで初見みたいにワクワクしたりグッときたりウルッとしている自分がいる。
ここここここんなに凄かったのか!みたいなね。


時間が経って初めて理解できるスケールやストーリー。
つまり歴史的事件ということであって、嵐の国立はまさしく歴史だったのだと。
大袈裟でなくそう思う。今だからこそその凄さの全体像を捉えることができる。
だってほんとに凄い映像だぜこれ。なにこの「その時歴史が動いた」的大作は(笑)。
少なくとも私は知らなかったよ。
こんなドエライことがあの場所で起こっていたなんて知らなかったよ。
台風の目の中にいる直下の当事者は、案外きょとんとしてしまうものなんだなと。

冒頭にドキュメンタリーが入っていたのも大きいかもしれない。
こういう特典映像って巻末におまけ的に付随してるのが普通だと思うんだけど、
敢えてド頭に入れた意図は超納得だし、ここから観始めることにこそ意義がある。

なにがどうなってあの日がこうなったのか。
彼らはあの日に向けてどんな気持ちを積み重ねていったのか。
このDVDはその詳細な内実からスタートしてくれるからこそ、
1曲目から全てのパーツがすぱっと正しい場所に置かれていく感覚が生まれる。


カメラワークもよいよね!
ドでかい会場だけに1人にフォーカスすると基本後ろはボケるわけなんだけど、
そのボケた風景が野外のファジーな天気の色と混じる感じがとてもよい。
きりっとクリアな輪郭とテクニカラーな色彩を纏った嵐の5人と
ボケた大観衆と曇り空と温い外気が混ざったファジーな風景、
その両者のコントラストが、まさに夢と現実のメタファーって感じがしました。

あと、つくづく感じたのは、うわぁ…これは…これこそ東京だわ…みたいなw
うまく言えないんだけど、この景色は東京の空の下でしか生まれえなかったと思う。
曇り空に浮かび上がる灰色の高層ビル群。
大都会のど真ん中であり、しかし彼らの故郷でもある街。
一見無機質で冷たく感じる東京のあのスカイラインの下で生きてきた、
この街に温かな郷愁を宿す人達が作った、温かなステージだなぁと。


とりあえず魔王智のかっこよさは異常。
当時はあまりのイケメぷりに騒然とした翔さんが、
今の壮絶な美貌と比較すると案外ふつーに見えてしまうのも異常。
そしてステゴー花道。
カメラの角度のせいで偶然かつ一瞬シンメトリーな末ズに心底震える。
ヒプホプブギーのアカペラで夜空の半月を抜くカメラマンができる子すぎて震える。

一緒に観ていた相棒が「これだったらオレも観にいきたいなー」とか呟くので、
おめーに食わせるタンメンはねぇ!ぐらいの勢いでディスっておいたよ^^
ほんと軽々しい言動はかんべんして^^血と汗と涙の結晶のチケッツなんだから^^
しかし「相葉ってこの時期太ってたんだね」と呟く相棒はそうとうの末期ではある。
comments(6)  trackbacks(0)  

AAAAGAIN!@祝・DVD

JUGEMテーマ:

ようやっと!

AAA2008 in TOKYO 

AAA〜AAAin Dome〜(Time)〜AAA2008って。
さすがにAAA名義のディーヴィーディーが多すぎる気がしますw
でもなんだかライフワークみたいでちょっとワクドキもします。

2日目を全編収録してくれるならおまけは特にいらないぐらい満足です。
全編てのが最重要。あの場で何が起こったのか、そのフラットな記録が欲しい。
全景カモン。空撮カモン。ステゴー花道で号泣する準備はできてるよ!




(閑話休題)



で、ドリアラは?

末ズがちんこソロ勝負は?
風っこ桃源郷ライフゴーズオンは?
うちのヨメの5分割スクリーンは?は?は?

まだまだ資金をプールしておけということですね了解です^^
comments(0)  trackbacks(0)  

花男DVD到着。

JUGEMテーマ:

まずは手始めに、ディレクターズカットを観ました。



















しばらく、旅にでます。

しばらく、戻ってこれないかもしれません。



………ぱたり。
comments(2)  trackbacks(0)  

DREAM or ALIVE。

JUGEMテーマ:ジャニーズ


どーもどーも下界(※自宅)に戻ってきますた。
下界の散らかりっぷりに軽く欝です…orz

やーでもほんと天上界(※まんだりん)は素敵だったです。
非ヲタの友的にはホスピ上等のスパがハイライトだったらしいけど、
ヲタのおいら的には45型FHV+DVD+MP3完全対応にシビれたわー。
>夕闇迫る部屋でひとりビール片手にニヤニヤDVD観てたら、
>スパ帰りの友に「イタすぎて面白い」からって写メ撮られたけどね^^



そんなこんなでやっと観ましたよTIMEコンDVD!
1周目はひとりで、2周目は友も巻き添えにしての上映会。
天上歩くMJ観て「これにどういう意味があるの?」って訊かれたけど、
「かんがえちゃだめ!のーりーずん!」って答えといたwww

エビバデ前進とかラブシチュとかは期待値が大きすぎたのか、
脳内記憶が凄まじいクオリティに熟成・美化されてたからか、
なんかけっこうがっかりな感じだったんですが、
それ以外はどれもこれも楽しかったです。
AAAドームを観た時みたいなセンチメンタリズムは一切なくて、
もっとドライで機能的な楽しみ方ではありますが。

唯一うるっときたのはロッキュー。とにかくロッキュー。
櫻葉のハグ⇒追いかけっこのくだりは涙ナシには観れません。
相「感無量です」翔「ほんとそう(深く何度も頷く)」のくだりも、
翔くんが後に語った「相葉のあの涙は嵐の総意だった」を思い出して涙。

あとひとつ思ったのが、
松本くんの「キメ顔」が何故か「キマらない」コンサートだなぁというww
カメラ目線の達人らしからぬブサショットの多さが逆に楽しかった。
なんかラフなんだよね、このDVDの松本潤は。
そんなに楽しかったのかな楽しかったんだろうね、っていう^^


あとあとこれはちょっと改めて書こうと思うんだけど、
友がサクラップを「まったく理解できない」とゆっていて。
良し悪しじゃなくて理解できないんだぁっていう、
非ヲタのリアクションに凄く思うところがあったんでまた書きまーす。
comments(0)  trackbacks(0)  

熟成or早熟。

今日観れなかったら来週末まで観れない。

そんなかつかつのルーティーンで動いている労働者の家に、
タ●レコさんは本日届けてくれませんでした。
もー通常版でいいから近所のTSUTAYAで買ってきたるわ!と、
財布ひっ掴んで立ち上がるも相棒に「やめなはれ」と阻止されましたん。

こうなったら来週末にネカフェのシアタールームを予約です。
42インチスクリーンでいきなり観賞してやりますよ。
それまではお預けです。こうなったら意地です。
労働者がどれほどか見せてやるYO!
comments(4)  trackbacks(0)  

花男プレイバック終了。

ようやく俗世に戻ってまいりました。

えーと、ここ2日間ですね、ずっと花男を観続けておりまして。
それこそ花男1DVDの第1巻から花男リターンズDVDの第6巻特典映像まで、
きっちり順を追ってね、ひとり延々プレイバックですよ。>ヒマ人

お陰でやまたろ民子もマゴも観てないしとんがりコーンCMて何事!?だし、
TIMEちゃんと聴けてねーつーか今日初日じゃん(遅)!とか、
もろもろ追いついておりませーん。

あ、大阪参戦組の姐さんから先ほど報告いただきますた。
松本くんのNEWエクステがすこぶるカワユイとな!ヤホーイ!
YABAIはネタバレ不要と言っといたので未だ詳細はゴリムチュー!
TIMEで今んとこ私が一番好きな曲をやらなかったと聞いてガクーシ!

でもって、花男の話。
何度も書いているますが、リターンズは納得がいかない箇所が多々あり、
リアルタイム放映時はブースカ文句垂れてたわけなんですが、
こうやって全20話通して改めて観ると、
今だからこそ納得できる展開・複線が多々あって今更に超面白いです。
うまく言えないんだけど、
スタッフ&キャスト一丸でフィクションに没頭した凄みのようなもの、
数字と人気にも後押しされて勝手に高ぶっていった神話的なエモーション、
なんかそういう、批評で白黒付けがたいマジカルな魅力が、
花男シリーズには確かに存在する。
改めて、凄いドラマだったなーと、ちょっと戦慄みたいな(笑)。
ヒマがあったらお勧めですよ花男オールプレイバック。

で、特典映像がネ申すぎてどうしてくれよう、という。
潤真央フェチにも潤旬フェチにもリバーシブルに堪らん神っぷり。
雪山オールアップで気が緩んだ松本さんに背後から飛びつく真央っち。
なにこのウザくらい伝説のカプールっぷり!!!!11
ウエディングドレス姿のつくしに照れ隠しぶっきらぼう炸裂の道明寺。
「…いいんじゃないっすか」の言い方が超素でハフーン!!!
これまた何度も書いてるけど、
潤真央の肝はつくつか萌え=フィクションを「無意識」に補完してしまう、
2人の自然体、素の相性の良さだと思う次第です。
潤旬的には緑山スタジオの夕飯じゃんけんが最強かな〜。
潤「オレの(豆腐)半分食う?」
旬「や、卵豆腐…(が食いたいんだよ。お前の普通の豆腐じゃん)」
のやりとりにノックアウトされました。
だって、豆腐半分こするって23、24の平均青年の発想じゃなくね!?
comments(2)  trackbacks(0)  

続々と。

「TIME」と花男DVDがいっぺんに届いてさあ大変。
どっちから開封する?どれから観る?皆さんどうしてますか?

今日は渋谷で5回ぐらい黄色い宣伝カーとすれ違ったし、
昨日まで東急東横改札はやまたろ包囲網が敷かれてたし、
WSは花男DVD大ヒットだ選挙特番アイドルだで嵐づくしだし、
CMは5人Verと雅紀VerとTIME Verがとっかえひっかえ流れまくりだし、
つまりこれがいわゆるひとつの嵐ヲタ感謝WEEKってやつなのね!

そんなこんなで結局、まだ「TIME」も花男DVDも未開封です(爆)。
なんか消化しきれない。消化したくない。もったいなくて。
とりあえず花男1のDVDを1話から観返しております。
>どんだけー!
comments(2)  trackbacks(0)  

寸止めのひと言。

しっくコンが超ダイジェストなことに超衝撃。
超衝撃とゆーかJストってやっぱア●なんだそうなんだ。
中途半端な寸止めAAA DVDを機内持込バッグに詰め込んでおる深夜です。
なんだかんだは帰国後に!
comments(0)  trackbacks(0)  

密林お願い!

「賃貸マンション」が「賃貸マツジュン」に見える病にかかった者です。
>あんまり借りたくないけど賃貸マツジュン…怖いもん。

それはともかく。
急に出張が決まって23日成田発とかゆー話なのさ!
なにこの嵐ヲタ狙い撃ちな嫌がらせ…orz
AAAを観ずままアメリカに飛べと?
しかも帰国は1週間後って1週間観るなってこと?

「重度のARASICKにつき渡航不可能です」

って素面でボスに切り出しそうになったよもーっ(泣)!
密林さんが発売日午後までに届けてくれることを祈るのみだわ…。
NRT⇒JFKの機内で観たいんだよ!
なんならひとりJET STORMごっこしたいんだよ!
フライト6時間も潰せるブツなんてそうそうないしね。
あああ頼むよほんとに(祈)。
comments(3)  trackbacks(0)  
  1/2P  >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>