COFFEE, CIGARETTES & A

日々のアラシ語りをメインに。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  

I'm just a boy with a new haircut. @名古屋行ってきました。

JUGEMテーマ:



松本くんが髪を切ったらしい、しかも相当切ったらしい、
しかもしかも前髪はあげているらしく、初お披露目の場は名古屋になるらしい、
という速報が入ってきた時、私達は名古屋に向かう新幹線に乗っていました。

ちょうど新幹線の窓から晴れ渡った空の奥に富士山が見えたので、
手を合わせて必死に拝んでおきました。

そんな名古屋行きの新幹線の中で、
ひたすら私の脳内をぐるぐるターンしていたのがこの曲です↓





ダーリン・ドンチュー・ゴー!アンド・カット・ユア・ヘア!
名曲ですよね…。


というわけで名古屋行ってきました!
さっそく怒濤のリアルに追い立てられているので詳細レポは未だ書けず!
とりあえず帰京のご挨拶まで!


comments(1)  trackbacks(0)  

murmur @東京最終日補足

JUGEMテーマ:


こちらはかんぺき自分用の記録。
東京オーラス直後の自分のつぶやきをまとめただけです。
140字の世界のザッパーな感じを残しておきたかったのでw

一応時系列は下から上。
続きを読む >>
comments(1)  trackbacks(0)  

5年目の風景。@東京最終日雑感etc.

JUGEMテーマ:


17時45分に渋谷からタクシーに乗り、
「どうしても18時までに東京ドームに着きたいんですうううう!!!」
と運転手さんに泣きついたら、無言で高速に乗られた者です。

結論=高速、すげえ!
ほんとに15分でドームに到着したよ!


東京ドーム最終日。
今回のツアーを初めてドームで観ました。

続きを読む >>
comments(1)  trackbacks(0)  

嵐コンサート 名古屋チケット交換のお願い

JUGEMテーマ:


しばらくの間こちらの告知をトップにおかせていただきます。


ARASHI 10-11 “Scene”
〜君と僕の見ている風景〜

名古屋公演の交換を希望しております。
激戦の今回ツアーで難しいかと思いますが、
お心当たりのある方はぜひご一報いただけると幸いです。


【譲】
12月5日(日)名古屋 2枚連番

【求】
12月4日(土)名古屋 2枚連番



【交換いただける場合は】
下記コメント欄にご連絡をお願いいたします。
コメントは非公開ですのでご安心ください。
コメント欄に簡単なプロフィール&メールアドレスをご記入の上、ご一報くださいませ。



よろしくお願いいたします!


☆11月23日更新☆
交換いただけることになりました。
ありがとうございました!
comments(0)  trackbacks(0)  

Scene〜君と僕の見ている風景@国立雑感

JUGEMテーマ:


今日から出張で数日日本を離れるので、
忘れないうちに国立の雑感を記しておくことにします。

私が観たのは21日の初日と4日の最終日。
ネガポジ両方ありの雑感です。
続きを読む >>
comments(6)  trackbacks(0)  

素描スタート。@祝・ツアー&アルバム決定

JUGEMテーマ:


やっほーい!嵐のツアーが発表になったね!!!


はい、若干のカラ元気が漂っていますよね知ってます。
この後に控える熾烈なサバイバルゲームについてはひとまず思考停止しつつお届けしています。


とにかくうれしいよ!
だって2年ぶりのオリジナル・アルバムとオリジナル・アルバム・ツアーだよ!
しかもアルバムタイトルが「僕の見ている風景」で、
ツアータイトルが「君と僕の見ている風景」ですってよ!
これは恐らくべったべたでこってこてなコンセプト・アルバムでありコンセプト・ツアーですよ!

何度も何度もここで愚痴っているのであれなんですけど、
10周年とそのツアーで失われたもの、それがコンセプトでした。
今、私が嵐のファンを続ける最大の動機としたいもの、それもコンセプトです。

とは言え別にね、
コンセプチュアルであること自体を目的化したツアーとアルバムを作ってほしいわけじゃないんです。
それでは本末転倒です。
じゃなくて、今の嵐には切実に必要だと思えるんですよ。コンセプトが。
そして恐らく、誰よりも嵐の人たちがその切実を抱えているのではないかと。


「緩やかな成長」だったり「変化なき変化」だったり、
なんだか威勢の悪いwコンセプト、スローガンをぽつぽつ呟き始めている嵐の人たちを見ると、
ああほんとこの人たちは律義で愚直で大好きだわぁと思うわけです。

「天の頂いただくぜっ!」つって突っ走ってきた10周年までとは、
どうやら彼らはコンセプトをがらっと変えようとしているようだ。
イケイケオラオラモードでそのまま進むことだって今の嵐ならできたと思う。
でもそうはせず、総括とリ・スタートをちゃんと意識して、
11年目に11年目らしい意味と目標を見出そうとする(しかも控え目なw)、
そんな彼らが掲げた威勢の悪いスローガンが私はけっこう好きです^^
そんなスローガンが結実するだろうアルバムとツアーが楽しみでなりません。

今こそ渾身のサクラップ書いてほしいよお願い翔さん!
第3章?だか第4章?だかもうすでにわかんないんだけど、幕開けてくれ。
それをできるのは翔さんのリリックの力だけだとけっこう本気で思っているよ。
comments(2)  trackbacks(0)  

5×10=TBA.@名古屋オーラス雑感

JUGEMテーマ:


記憶が忘却ボックスに放り込まれる直前のいくつかの覚え書き。
続きを読む >>
comments(2)  trackbacks(0)  

5×10=ALL LAST!@名古屋オーラス

JUGEMテーマ:


“5×10”のクライマックス。
星型のキラキラがぶわーっと舞い落ちる演出の最中、
センターど真ん中C8ブロックのかなり前のほう、
つまり星屑のカーテンの向こう側にセンステ上の5人を見上げる場所で、
うあーなんか松本くんが泣きそうになっちゃってるよ!なんてね、
そんなことを思いながら観てたんですね。

私はとにかくうるうるしている松本くんが気になったもので、
後ろを振り向く余裕なんてあるわけもなく、
なもんでソレの存在に気づいたのは曲が終わってからでした。

あれ、バクステのスタンド最前列のお客さん達がずっと手持ちしてくれてたんですよね?

ARASHI Anniversary tour 5×10
おつかれさまでした!!
ファン&スタッフ一同


と書かれた、優に幅20メートルはあるかと思われる横断幕をね、
最前列のお客さん達が協力して持っていてくれてたわけですよ。

なんか、それを観て初めてこの日がオーラスなのだと実感した自分がいました。

5×10ツアーってほんと細切れの印象が強くて。
それは1ヶ月に2〜3回の割合で半年続いたっていうインターバルのせいでもあるし、
しつこく言い続けてますがコンセプトが無い、という私の被害妄想のせいでもあるんだけど。

でも、こうやって終わってみるとね、やっぱりね。
5×10は単なるファン感謝イベント行脚ではなくて、
嵐の5人にとっても必要不可欠なピリオドたるディケイド・ツアーだったんだなぁと。
そんなことを思える自分がいて、ちょっと嬉しかったんだぜ。

2回目のアンコールの挨拶で潤くんが、
「あの幕を見た時はやばかった」って言ってました。
「☆のキラキラで視界が遮られてなかったら(泣きそうで)やばかった」って。
いやいやキラキラの向こう側で君は負けないくらいキラキラな泣き顔をしてたぜ?って。

ほんとにほんとにおつかれあらし!

レポはまた改めて書こうと思いまーす。



comments(0)  trackbacks(0)  

5×10= Head start for happiness @大阪

JUGEMテーマ:



大阪行ってきたよー!

26日、27日の両日参戦です。
とにかく楽しくって楽しくって、
コンサートが楽しかったのはもちろん、
1年ぶりの遠征自体も非常に楽しかったのであった。

ごはん美味しいしホテル快適だしマジ大阪最高でした。
ジャニ遠征っていいよね〜とつくづく。
非日常であるジャニコンの非日常度がさらに倍掛けになる感じ。

そんなこんなで今回はまるっと「楽しかった!」で集約されちゃう感じで、
ちゃんとしたレポを書くような気分でもなかったりして。
とりあえず2日間ごちゃまぜ、
思いつくままの所感を自分のために残しておきます。
メモも何も取ってないので読んでくださる方は話半分でお願いしますw



続きを読む >>
comments(2)  trackbacks(0)  

5×10=YOU&ME.@国立30日

JUGEMテーマ:


ただいま!
めちゃくちゃ幸せな聖誕祭だったよ!

雨は笑っちゃうくらい酷かったけど。
MCの直前辺りから横殴りの雨で、
もうペンラとかうちわとか双眼鏡とか言ってる場合じゃなかったよね^^
あんなにうちわの少ないジャニコン初めて体験したよ^^


でも。いや、だから。かもしれない。
なんかもう、嵐もおたくも体当たりでブチあがってたよね。
ファンサがどうとか嵐と近いとか遠いとか、どうでもいいんだそんなことは。
ここには彼らがいて自分がいる、それ以外の意味なんて必要ないんだ。
超ダイレクトで超ピュアな幸せの等価交換がそこにはありました。

嵐に幸せにしてもらった自分達がいて、
しかも自分達が嵐の5人のことも幸せにしている、
そう信じることができた夢のような空間でした。
自分の幸せが他人の幸せで、
他人の幸せが自分の幸せだなんて。
そんなキレイごとが成立してしまっていた様をみて、
この世の中もまだまだ捨てたもんじゃないなーと思いました^^


雨だから特別なコンサートになったわけじゃないとは思う。
そんな単純なもんではないとは思ってる。
でもこんな状況だったからこそ見えてきたものは確かにあったとも思う。
想定外や逆境は人を正直にする。取り繕えなくなる。
そこで初めて見えてくるものがある。

嵐は本当に空気読める子たち。
空気読めるだけじゃなくてその空気に相応しい言葉と態度をくれる子たち。
しかもその言葉と態度が自分たちを格好良く見せるためのツールではなく、
それら全てがファンのために捧げられたギフト、そう確信できる真摯な子たち。

そうだ。だから私は嵐を好きになったんだ。
横殴りの雨の中で、ふつふつと胸を突き上げてくる想いに押しつぶされそうになった。
恋に落ちた瞬間を何度も何度も反芻するようなw


感極まって挨拶の途中で言葉に詰まってしまった潤くんも。
今日のことは一生忘れないと言った智くんも。
マイク・オフ状態で何度も何度も「ありがとう」を繰り返していた相葉ちゃんも。
競技場の7万人と競技場の外にいた人達に等しく感謝を述べた翔さんも。
そして雨の中で誰よりもシリアス必死な形相になってたニノも。

みんなみんなちょうちょうかっこよかったんだぜ!!!
おつかれ嵐!おつかれジュニア!おつかれオールスタッフ!
そしておつかれオールおたく!

続きを読む >>
comments(16)  trackbacks(0)  
  1/7P  >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>