COFFEE, CIGARETTES & A

日々のアラシ語りをメインに。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  

I'm just a boy with a new haircut. @名古屋行ってきました。

JUGEMテーマ:



松本くんが髪を切ったらしい、しかも相当切ったらしい、
しかもしかも前髪はあげているらしく、初お披露目の場は名古屋になるらしい、
という速報が入ってきた時、私達は名古屋に向かう新幹線に乗っていました。

ちょうど新幹線の窓から晴れ渡った空の奥に富士山が見えたので、
手を合わせて必死に拝んでおきました。

そんな名古屋行きの新幹線の中で、
ひたすら私の脳内をぐるぐるターンしていたのがこの曲です↓





ダーリン・ドンチュー・ゴー!アンド・カット・ユア・ヘア!
名曲ですよね…。


というわけで名古屋行ってきました!
さっそく怒濤のリアルに追い立てられているので詳細レポは未だ書けず!
とりあえず帰京のご挨拶まで!


comments(1)  trackbacks(0)  

二周目突入。@祝・相葉さんドラマ

JUGEMテーマ:


相葉くん金曜ナイトドラマ再登板おめでとうございます!
とにかくこれ↓読んで既に漲るしかないんですけれども。


仕事とプライベート、カウンターの中と外、オンオフの切り替えは徹底していて、
バーのカウンターで見せる洗練された大人のバーテンダーの彼と、
それ以外の場所で見せるおちゃらけた子供っぽい彼は
同一人物とは思えないほど差が歴然としている。
たとえ悩み迷いを抱えていても、それを客には決して見せない。
(ただし(T T)な表情になることもある)

ウィキペディアより




適役ですねありがとうございます!



これで嵐連ドラリレー2周目突入ということなんでしょうかね。
だといいですよね。
フリ家にのあい共演観たいですよね。
名古屋で自慢毛ぼーぼーなにのあいトーク聞きたいですよね。ね!

comments(0)  trackbacks(0)  

murmur @東京最終日補足

JUGEMテーマ:


こちらはかんぺき自分用の記録。
東京オーラス直後の自分のつぶやきをまとめただけです。
140字の世界のザッパーな感じを残しておきたかったのでw

一応時系列は下から上。
続きを読む >>
comments(1)  trackbacks(0)  

5年目の風景。@東京最終日雑感etc.

JUGEMテーマ:


17時45分に渋谷からタクシーに乗り、
「どうしても18時までに東京ドームに着きたいんですうううう!!!」
と運転手さんに泣きついたら、無言で高速に乗られた者です。

結論=高速、すげえ!
ほんとに15分でドームに到着したよ!


東京ドーム最終日。
今回のツアーを初めてドームで観ました。

続きを読む >>
comments(1)  trackbacks(0)  

嵐コンサート 名古屋チケット交換のお願い

JUGEMテーマ:


しばらくの間こちらの告知をトップにおかせていただきます。


ARASHI 10-11 “Scene”
〜君と僕の見ている風景〜

名古屋公演の交換を希望しております。
激戦の今回ツアーで難しいかと思いますが、
お心当たりのある方はぜひご一報いただけると幸いです。


【譲】
12月5日(日)名古屋 2枚連番

【求】
12月4日(土)名古屋 2枚連番



【交換いただける場合は】
下記コメント欄にご連絡をお願いいたします。
コメントは非公開ですのでご安心ください。
コメント欄に簡単なプロフィール&メールアドレスをご記入の上、ご一報くださいませ。



よろしくお願いいたします!


☆11月23日更新☆
交換いただけることになりました。
ありがとうございました!
comments(0)  trackbacks(0)  

with or without you.

JUGEMテーマ:


せっかくの晴天休日なのに胃炎に悶えております。
胃炎の原因が無理して食べたポットパイだと思しきあたりに、
潤担としての挫折感がぬぐえません。


そんなこんなで。
ぬぼーっと先日のしやがれを観ていた昼下がりなのですが。

やっしーに「松潤とチェンジ」と言われた直後の松本くんの顔がもう。
なんて顔するんだ…なんて顔するんだよう…><

キャラが被ってる言われて「メガネかけてない…」と見当違いに返す天然もキュンときますが、
あの、やっしーに「チェンジ」指名された直後のまったく受け身が取れていない感じ。
誰がどう聞いてもジョークなのに咄嗟に笑いで返せない感じ。
「俺ですか」とふつーに戸惑ってしまっている感じ。
じぃーっとやっしーを見つめてしまってそこに少量の懇願すら混じってる感じ。
即オーディションコントに持ち込むにのみあがフォローGJ…!みたいな感じ。

その光景を目の当たりにしてフラッシュバックしたのは、いつかのまごまご嵐だったかな?
まごまご嵐のトークで「嵐を引退したらやりたいこと」を翔さんに問われて、
「え…どうすればいいの?」と真顔で戸惑ってしまった松本くんでした。
ニノのベルリン土産のバッグをぎゅっと抱きしめながら「え…」って><

なんかもう、あれですよね。
冗談であれ何であれ、松本くんは「嵐でない自分」を想像できないらしい。
いや、想像したくないらしい。

もちろん他の4人も多かれ少なかれそういう感じだとは思うのだけど、
松本くんは特に顔に出やすいよな、と。
なにかを「奪われる」みたいな顔をするよな、と。
かわゆいなぁ…かわゆいよなぁぁぁぁっ…!>昂り

そんな嵐さんも今日でデビュー11周年だそうで。
松本くんが嵐になって11周年だそうで。
ほんとにめでたいなぁ、と。
嵐になってくれてありがとう!
そして嵐になってよかったね!…みたいな。


洗濯物の松本くんもどえらいかわゆさでしたよね!
ゴロゴロしてるとき目をつむってるのがスーパーソーキュートですよね!
ずざーっ!と滑りこんで松本くんの顔を見上げるにのみあ、
その気持ちはちょう分かるけどそこにヒントはないからね…!

うまく形容できないんですが、
褒められたり注目を浴びたりした後の松本くんの歩き方。
ちょっとテレながらとてとてとペンギンみたいに歩くあの歩き方がとても好きです。
comments(2)  trackbacks(0)  

赤、赤、白、赤、白…旬!

JUGEMテーマ:


KFC新CMにおける松本潤の期待を裏切らない女子マネっぷりについて、
心行くまでゆんゆん書く予定を変更してお届けしております。



旬「…お前このベスト俺のだよな!?」

潤「(てへっ☆)」

翔「…マジ!?」




次回予告終了5秒前に突如ドロップされたリーサルウエポン。
この爆弾をどう処理するのが適切なのか正解を見失ったまま2週間の生殺しとなるようです。

怖い。なにが怖いって松本潤が確信犯なのが怖い。
マネキンゲストに旬が来ると知った瞬間に目キラーンとさせて、
いつぞや酔ってじぶんちに持ち帰ってしまったと思しき旬のベストを真っ先にチョイスしたに違いない、
そのフランス映画のヒロインみたいなファムファタル的奔放さが怖すぎる。

そんな潤たすと旬のやりとりにインサートしてくる翔さんのリアクションがまたもう最高だよね…!
でもどんな顔で「マジ!?」と言ったのかは多分窺い知れないよね多分カメラに映ってないよね!
そんな(どんな?)ところも最高だよね!最高にしょうじゅんだよね!


なにが言いたいのかよく分からなくなってきましたが、
とにかく松本潤という人はまじぱねぇな…!!!
何年おたくやってても未だにこの人は謎!だいすき!←
comments(0)  trackbacks(0)  

久々の泣き虫。

JUGEMテーマ:




おはようございます!
これがあいばくんのスカイツリーですね了解です!


オトノハとのんのがコンボで泣き虫アラートを鳴らしてくれました。
羽田での泣き虫の振舞いを想像するにつけ、
そんなふたりが陽だまりの中でコーヒーを愉しむ画にひれ伏せざるを得ません。

潤くんにラフなパーカーを、雅紀に襟付きシャツを着せたスタイリスト、
その逆転の発想、ちょうグッジョブ。
過度に仲良し推しでないリアルな距離感がむしろ幻想を掻き立てますよね^^


松本担としては一度くらいラテアートの講習会に通うべきなのか。
すこし本気で考えてみようと思います。
comments(0)  trackbacks(0)  

近況。

JUGEMテーマ:


またしても1ヵ月以上ご無沙汰しておりました。
個人的に特別な何かがあったというわけでもなく、
日々仕事でわさわさしつつも、基本つつがなく過ごしております今日この頃。

つつがない私の日常と裏腹に、嵐は思いっきり激動しているようです。
ご無沙汰している1ヵ月の間にドラマが終わり、そして再びドラマが始まりました。
映画が公開され、ミリオンジェットが飛びました。
2枚のシングルがリリースされ、新しいシングルももう間もなくです。


激動の嵐を追いかけることはさほど難しいことではありません。
なぜなら彼らは思いっきりオーバーグラウンドな活動をしているからです。
TVをつけても書店にいっても、嵐は一番目立つ所でドカンとプレゼンされています。
それは5年近くおたくをやっていれば慣れとルーティーンでこなせる物量であって、
自分のつつがない日常をキープしたまま嵐の激動を追うことはいくらでも可能です。

最近はまあ、そんな距離感ですかね。

そんな余裕ぶっこいていられるのも、
昔は3しかなかった嵐ゴトが今は30あるって感じだから。
3しかないときはそのうちの1でもダメだと思ったら絶望しそうな勢いだったけど、
今は30もあるのでそのうちの5がダメでもダメージは少ない、的な。
打率の問題ですね。

でも私はどちらかというとダメなものをなぜダメなのか考えがちな面倒くさい人間なので、
ほおっておいたら25の最高なものをとりあえず棚に上げて、
高打率よりもダメな5についてくどくど書きそうな気がして嫌なんですよね。
かといって最高な25もダメな5もすべからく記述するほどの時間も余裕もないという。

だから、それゆえのご無沙汰だったのかもしれませんw



なにはともあれ、フリーターが面白かったです。
「エンターテイメント性はない」と言いきったニノがらしすぎて笑ってしまったけど、
エンターテイメントか否かは大した問題ではないと思いました。
登場人物全員に動機と思想があって関係し反発し作用しあっていく、
つまりは人がきっちり描けたドラマらしいドラマだと思いました。
今期はそういうドラマらしいドラマが多い良クールのようにも感じています。

そもそもエンターテイメント性の欠如より、
面白くないエンターテイメントのほうが100倍罪深いよね…^^
comments(0)  trackbacks(0)  

依然薮中。

JUGEMテーマ:


ananのニノが好きすぎて、昨日は一日中ニノのことを考えていた。
そういや嵐の中で「好き」が高じて「考える」に至る人ってニノだけだなぁ、とか。
そんなことを思いつつ考えていました。

潤くんに対する「好き」は「想う」ということであって、「考える」とは少し違う。
私は心のどこかで、
松本潤のことはいくら考えても答えが出ないと悟っているフシがある。

ニノは、考えれば答えが出そうな気がする人だから考えるんだろうな。
でもってニノの「答え」がわかれば潤くんの「答え」も少しだけ見えるような気がする。
私はそんな風にも思っているフシがある。

なんなんだろうなこれ。
末ズ重症乙ってことなのかな。

なにはともあれ、ananのニノが好きです。大好きです。
ニノに関して言えば、ムービーよりスティルのほうが胸掴まれる瞬間が多い気がする。
ニノには、情報量が少ないからこそ饒舌に伝わる何かがあるような気がする。
comments(0)  trackbacks(0)  
  1/66P  >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>